卯の花腐し

苦虫を噛みながら毎日をやり過ごしています。只今、ZINE制作中。音楽/服/深夜のコンビニ/映画/初期衝動/17歳

迫る〆切

 

 

アタシ、ホントに、馬鹿みたい。

賞味期限の短い話を只繰り返してる

 

 

今、いま、イマ、この瞬間しかないんだって

縋り付いて画面と向き合ってる

今のアタシしか書けないから

この瞬間しかないから

ただ、それだけ

それ以上も以下だってないんだから。

ばかみたい

褒め言葉として受け取っておくね、それだけ

 

 

実験行ってくるね、ばいばーい

 

手降ってくれたの嬉しかったよ

迎えきてくれるのいつわかんないけど待ってる

あ、ごめん、うそ。

待ってる暇なんてないんだから

 

君、言ったでしょ、私、賞味期限付きの感情しか持ち合わせてないから。

さっさと私のこと支配してよ

 

 

臆病?何を守ろうとしてるの?

一途で綺麗で純粋な少年の心を忘れてない俺?

自分の感情に嘘つく人、だいきらい。

 

 

私の前では素直でいてよ

くそったれ